Sample Company

各種熱源の特徴と炊きあがりの違い

 以下は飯盒で使った場合のレビューです。一般に、バーナーヘッドが大きく、飯盒の底、もしくは下半分全体を温めれるストーブが飯盒向きという判定をしています。

アルコール系
 ホームセンターや薬局で入手が可能であるものが多く、また故障知らずで、マッチ一本で着火可能です。
ガス系
 家庭用からアウトドア用まで、幅広いラインナップがあります。点火のし易さも定評です。

ガスレンジ

 台所のガスレンジで飯盒は使えないと思っている人が意外と多いのですが、そんな事はりません。

カセットコンロ

 IHで飯盒が使えません、という人も結構多いのですが、そんな人は防災用もかねてカセットコンロを買いましょう。


ガソリン系
 気温が低いときでも高い火力を発揮し、しかも維持するのがポイントです。
灯油系
 点火に少々手間が掛かるものの、火力自体はガソリンと遜色なく、燃料代が安いのが魅力的です。ちょっとマニア向け。
焚き火系
 焚き火で炊いたご飯は美味しい!のですが、使える場所に制約があるのが難点ではあります。